読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピクニックの購入後レビューです

。ただその何れもがホラーと日常の狭間を描いた作品で、その特有の世界観は広く一般受けするというのとは違いました。が、どうしても読みたくてポチ。

イマが買い時!

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

ピクニック夜のピクニック [ 恩田陸 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

でもその風景は私たちに掛け替えの無い何かを教えてくれます。この作家の本は初めて手に取ります。恩田陸さんはデビュー作の六番目の小夜子がドラマ化され!以降も力作・傑作を多く書かれてきました。第2回本屋大賞受賞作品です。まだ、読み終えてはいませんが、はまりそうな予感です。そこにあるのはちょっと特殊な関係の二人を中心にした普通の高校生活の当たり前の一コマです。一読をお勧めします 高校生を主人公とした作品であり!大人の読者にはノスタルジーを与える作品で!心地よい後読感があります。イベントの最中にはそれが特別の事だとは思わないけれども、それが終わってしまった後に振り返ると、かけがえの無い思い出となっていた。久しぶりに良い本に出合えました。ずっと読みたかったのですが1歳の子供がいるので躊躇してました。最後は涙しながら読みました。本屋大賞受賞作ということで是非読みたかったので!やっと出会えたという感慨がありました。 学生ではなく、大人の方にお薦めです。しかも続きが気になって仕方なく結果2日で読んでしまいました。本作には幽霊も神秘も出てきません。恩田作品はどれもすてきな匂いがあって好きなのですが、この作品は単純ななかに煌めきがあり読後に爽快感が残りました。子供が昼寝のときにちょっとずつだな〜1ヶ月くらいかかるかな〜と思っていたのですが読み始めたら面白くてすらすら読めてしまいました。 男子と女子の何気ない会話と!非日常の会話によって構成されるストーリーはテンポ良く読めます。 そんな内容の本作品は!私が大学時代に同じような歩行祭りに参加した事もあり!自分の経験に重ねて文章を読むことができました。